ペット可の賃貸物件は都心部では5年前の2倍に増えているというデータもあります。子どもの数より犬や猫の数が多いと言われる昨今なので、これからますます増える傾向にあります。

滋賀県のペット可賃貸物件は、割高だった以前に比べ家賃が普通の物件と差異がなくなってきているのが現状です。それに、都市に比べるとまだまだ数は少ないですが、ペット共生型物件という新しい型の物件が人気です。

散歩の後の足洗い場が玄関についていたり、近くにドッグランがあったり、部屋の中に猫の運動用の階段やくぐり戸がついていたり、最初からペット大歓迎の賃貸が新築で建てられているのです。

但し物件によってはペットの大きさや頭数で断るケースもあります。また、ペット相談とペット共生とは大きな違いがあり、周囲の理解を得られる形でペットも人間も住みやすくするために確認が必要不可欠です。

その物件全体がペット可の物件であれば、多少のことはお互い様ということでトラブルになる可能性は低くなります。

契約書の確認と周囲の環境を知っておくことは賃貸物件を探す上で大切なことになります。